Seminars

 

2016

 

 

第58回Global History Seminar

日時: 2016年12月22 日(木)16:30~18:30

場所: 大阪大学豊中キャンパス・文学研究科 中庭会議室

 

 牧村保広 准教授(アメリカ・Iona College)

 "How 10 Trade Goods Moved World History:  An Analysis of the Global Trades
in Silk, Porcelain, Spices, Cotton, Guns, Slaves, Sugar, Silver, Tea, and
Opium from the 15th Century to the 19 Century."


「世界史を動かした十の貿易品:15世紀から19世紀にかけての

絹布・磁器・香辛料・綿布・鉄砲・砂糖・銀・茶・アヘンの地球規模での貿易の分析」

 

第57回Global History Seminar

日時: 2016年12月21日(水)16:30~18:30

場所:  大阪大学豊中キャンパス・文学研究科 史学共同研究室

 

Arun Bandopadhyay 教授(インド・コルカタ大学名誉教授)

Technical Education, Swadeshi and Development in Bengal:

  The Story of Engineering in the Global Context of the Early Twentieth Century

 

第56回Global HIstory Seminar

 

日時: 2016年11月2日(水)16:30 ~18:30

場所: 大阪大学大学院文学研究科 文学部中庭会議室

A. G. Hopkins (ケンブリッジ大学名誉教授、イギリス帝国史、グローバルヒストリー)

American Empire’ in the twentieth century

 

第55回Global History Seminar (海域アジア史研究会と共催)

日時:2016年10月28日(木)10:30~

場所:大阪大学外国語学部(箕面キャンパス) B棟1階 プレゼンルーム

 

Harmen Beukers (ライデン大学スカリゲル教授)

Tekijuku's crucial role in the transmission of European medicine

 

第54回Global History Seminar (海域アジア史研究会と共催)

日時:2016年10月6日(日) 17:00~(暫定)

場所:大阪大学外国語学部(箕面キャンパス) B棟1階 プレゼンルーム

 

Keat Gin Ooi (University Sains Malaysia)

An Imperial Vision and New World Order Imperial Japan’s Greater East Asia Co-Prosperity Sphere

第53回Global History Seminar (海域アジア史研究会と共催)

日時:2016年7月24日(日) 15:30~17:00

場所:大阪大学豊中キャンパス文法経済学部本館2階 大会議室

 

Sun Laichen  (California State University, Fullerton、大阪大学客員教授)

Asian Warships during the Century of Warfare in Eastern Eurasia, c. 1550-1683

 

第52回Global History Seminar

日時:2016年7月22日 16:30-18:30

場所:大阪大学文学研究科本館2階 史学共同研究室

 

Dr.Moritz von Brescius (University of Konstanz)

The German and Japanese Empires: Great Power Competition and the World Wars

第51回Global History Seminar

日時:2016年6月1日 16:30-18:30

場所:大阪大学文学研究科

Richard Drayton (Rhodes Professor of Imperial History, King’s College London)

European empires and the origins of modern inequality

 

 

 

 




                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

 

 

Copyright (c) 2013- Osaka University Global History Studies. All rights reserved.