歴史教育グローバル化

 

第1回研究会のご案内(2017.3.25阪大豊中)

 

日本学術振興会グローバル展開プログラム

「国民国家型の大学歴史教育をグローバル化時代に適応させる方法に関する国際比較」

 

第1回研究会:東アジアにおける大学歴史教育の比較

日時:2017年3月25日(土)13時~18時 

会場:大阪大学豊中キャンパス(待兼山会館)

 

開会挨拶 13:00-13:10 堤一昭(大阪大学)

 

報告者:  13:10-13:50   桃木至朗(大阪大学) 日本の大学歴史教育

         14:00-14:40  楊彪(中国・華東師範大学) 中国の大学歴史教育

         14:50-15:30  キム・ミンギュ(韓国・東北アジア歴史財団) 韓国の大学歴史教育

 

総合討論 15:45-18:00

 

*報告は英語でおこないます。

 

JSPS Global Initiatives:

International Comparative Research on How to

Adapt Nation-State Oriented University History Education to the Era of Globalization

 

Seminar: “A Comparison of History Education in East Asian Universities”

March 25, 2017, 13:00~18:00

 

Venue: Machikaneyama Kaikan, Toyonaka Campus, Osaka University

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html(the building No. 80)

 

Opening speech: 13:00-13:10 Tsutsumi Kazuaki(Osaka University, Japan) 

 

Speakers

13:10-13:50 

  Momoki Shiro (Osaka University, Japan), History education in Japanese universities

14:00-14:40 

  Yang Biao (East China Normal University, China), History education in Chinese universities

14:50-15:30 

  Kim Minkyu (Northeast Asian History Foundation, South Korea), History education in Korean universities

 

General discussion 15:45-18:00

 

 

 

 

 

Copyright (c) 2013- Osaka University Global History Studies. All rights reserved.