What's New 

第90回Global History Seminar

日時: 2020年10月2日(金)16:30-18:30

場所: 大阪大学文学研究科 中庭会議室

Harald Fuess

Professor of History, Heidelberg University

Heidelberg Center for Transcultural Studies, Faculty of Philosophy

                           

Cholera and Meiji Japan: Medical Knowledge, International Relations and the Quarantine 

System

Abstract

Cholera originated in Bengal in 1817 before it reached the rest of the world in multiple pandemic waves proving to be the most frightening and deadly disease of the nineteenth century. Cholera arrived in Japan through Nagasaki already during the late Edo Period and the 1858 epidemic with its high death toll in the capital helped to weaken the Tokugawa government. After the 1868 Meiji Restoration cholera reemerged with full force when it was spread by the victorious imperial forces who had defeated Saigo Takamori in the Satsuma Rebellion of 1877. The year 1879 proved to be the peak of the disease with a record of 180.000 patients, the majority of whom died within a few days from being infected. Ever since cholera has been endemic to Japan with major regional outbreaks recurring over the years and only becoming negligible by the twentieth century where other pandemics like the Spanish influenza had a more devastating effect on the indigenous population.

 

My presentation will employ a global history perspective to reassess our understanding of cholera in Meiji Japan. As a worldwide pandemic, cholera elicited global responses locally. The medical causes of the disease were not known until Robert Koch’s discovery in 1884 with the cure remaining contested thereafter. In the period of uncertainty, international quarantine for ships and social seclusion through isolation hospitals proved to be some of the common measures advocated by medical professionals and public health administrators. Public policy caused cholera riots domestically with attacks against police, doctors and missionaries. Meiji diplomacy led to major international relations conflicts with imperial countries advocating free trade but also proved a stepping stone for Japan to assert its own imperial power in East Asia.

  

NEW!

NEW!

第91回Global History Seminar

日時: 2020年10月16日(金)16:30-18:30 (JST)

場所: ZOOMによるセミナー

Pierrick Pourchasse (University of Western Brittany in Brest、France)

 Franco-Danish trade relations in the Indian Ocean in the 18th century

   Abstract


Pierrick Pourchasse is professor of early modern history at the University of Western Brittany in Brest and a researcher at the CRBC (Centre de Recherches Bretonne et Celtique). His research focuses on maritime trade in modern times and the economic history of Scandinavia. He is the author of several books (including Le commerce du Nord, exchanges between France and northern Europe in the 18th century, Rennes, 2006, The trade of roe bait, Bergen, 2013) and about 80 articles concerning these topics.

  

NEW!

ZOOMを使ったセミナーです。

ご参加希望の方は、責任者の秋田まで

ご連絡下さい。

akita@let.osaka-u.ac.jp

 (@は半角に置き換えてください)

第92回Global History Seminar

日時: 2020年11月6日(金)16:30-18:30 (JST)

場所: ZOOMによるセミナー

妹尾達彦(中央大学文学部 教授)

 「長安から北京へーユーラシア交通網の転換ー」


    拙著『グローバル・ヒストリー』にもとづき、ユーラシア大陸の歴史における内陸から沿海部への交通幹線網の移動のもつ意味を、主要都城の立地や経済文化制度の転換を軸に論じます。特に、中国大陸における歴代政権の主要な都城が長安から北京に移動する過程とその経済文化的影響を述べ、多くの問題をかかえながらも、一つの世界都市になりつつある北京の現在と未来についてもふれたいと思います。

    報告構成は、以下の通りです。

1. 交通網の歴史地理学:中心地階層論から境界都市論へ
2. ユーラシア大陸東部の交通網の転換:長安都市網から北京都市網へ
3. 陸の風、海の香り:景観から風景へ
4. 北京:21世紀の世界都市へ

 

ZOOMを使ったセミナーです。

ご参加希望の方は、責任者の秋田まで

ご連絡下さい。

akita@let.osaka-u.ac.jp

 (@は半角に置き換えてください)

NEW!

第93回Global History Seminar

日時: 2020年11月20日(金) 16:30-18:30 (JST)

場所: ZOOM によるセミナー(変更の可能性あり)

 

Dr. Nicole CuUnjieng Aboitiz

 

Philippine Asianist thought and Southeast Asian Pan-Asianist action in the "periphery" of Asia at the turn of the twentieth century

Abstract

Dr. Nicole CuUnjieng Aboitiz is a Research Fellow at Clare Hall, University of Cambridge, working on global intellectual history and Southeast Asian cultural-environmental history. She holds a PhD in Southeast Asian and International History from Yale University and was previously a Postdoctoral Fellow at the Weatherhead Center for
International Affairs at Harvard University. Her first book, Asian Place, Filipino Nation: A Global Intellectual History of the Philippine Revolution, 1887-1912 was published by Columbia University Press in 2020. She is the Executive Director of the Toynbee Prize Foundation, the premiere organization for global history.

NEW!

ZOOMを使ったセミナーの予定です。

ご参加希望の方は、責任者の秋田まで

ご連絡下さい。

akita@let.osaka-u.ac.jp

 (@は半角に置き換えてください)

第94回Global History Seminar

日時: 2020年12月4日(金) 16:30-18:30

場所: 大阪大学文学研究科 大会議室

南 和志(大阪大学 国際公共政策研究科・准教授)

 

冷戦変容期における米中人民外交の展開

 

 

NEW!

第95回Global History Seminar

日時: 2020年12月18日(金) 16:30-18:30

場所: 大阪大学文学研究科 史学共同研究室

瀧口 剛 (大阪大学 法学研究科・教授)

 

大阪財界と戦時ー大東亜共栄圏への道

Wartime Business Circles in Osaka---the road to ’Greater East Asian Co-prosperity Sphere’

 

 

NEW!

第  回Global History Seminar

日時: 2020年4月14日(火)16:30-18:30 

場所: 大阪大学文学研究科(豊中キャンパス)大会議室

Rien T. Segers

(Professor of Clingendael Institute of International Relations

The Hague, the Netherlands)

BREXIT 2020: CAUSES, IMPLICATIONS AND FUTURE SCENARIO’S The most serious threat in the history of the European Union”

 

 

中止~延期

Keyboard and Mouse

NEW!

​Global History Lecture Series

このたび、mission statement のとおり、zoomを使用して、Global History Lecture Seriesをオーガナイズすることにいたしました。


現状では海外への渡航は容易ではなく、その一方で、オンラインの研究会・学会の開催は急速に増えています。そのような状況において、国際的に第一線で活躍する研究者による発表をzoomを使用して開催し、国際的な交流を深めたいと考えております。

詳細は、mission statement をお読みいただきたいのですが、ヨーロッパ人を中心として、これだけの研究者から発表の内諾をいただいています。

          第1回目  9月25日(金)日本時間 17:00-19:00
                発表者 Professor Lars Magnusson (Uppsala University)
                タイトル ”CAMERALISM AS SONDERWEG OF GERMAN MERCANTILISM”
                コメンテーター Philipp Roessner (Manchester University)

 

発表の1ヶ月前にアブストラクトを、2週間前にペーパーを送っていただくようお願いしております。

参加される方は、玉木までご連絡くださいますよう、お願いします。

玉木俊明   (京都産業大学)
tamaki@cc.kyoto-su.ac.jp  (@は半角に置き換えてください)

Abstract

 

​Global History Seminar

大阪大学・先導的学際研究機構

EVENT

2nd ZOOM Conference

10 July, 2020

ZOOM Conference  

15 May, 2020 

(A Substitute Meeting of the 70th Annual Congress of Japanese Association of Western History, 2020 at Osaka University)

The Practice of Global History

Nuffield College, University of Oxford

29-30 September 2017

AWAJI Workshop       for the 2018 Conference in China

3-5 June 2016

Global History  International Workshop

“Globalization from East Asian Perspectives”

15-17 March, 2016

研究成果の出版

グローバルヒストリーから考える新しい大学歴史教育

ー日本史と世界史のあいだでー

秋田茂・桃木至朗【編著】

​    (目次) 

2020年3月

大阪大学出版会

定価2300円

 MINERVA世界史叢書8 

人口と健康の世界史 

秋田茂/脇村孝平【責任編集】(目次)

2020年8月

ミネルヴァ書房

定価5500円

近現代東アジアの

地域秩序と日本

瀧口 剛/編

(目次

2020年3月

大阪大学出版会

定価6000円

アジアからみた

グローバルヒストリー

秋田 茂 【編著】

(目次

2013年11月 

ミネルヴァ書房   

定価4500円

The East Asian Journal

of British History Vol.7

East Asian Society of  British History

September, 2019

「大分岐」を超えて

アジアからみた19世紀論再考

秋田 茂【編著】

 (目次

2018年3月

ミネルヴァ書房

定価5500円

Contact

秋田 茂 

大阪大学大学院文学研究科 世界史講座

​〒560-8532  大阪府豊中市待兼山町1-5 

Phone / Fax: 06-6850-5675 

E-mail: akita@let.osaka-u.ac.jp 

(@は半角に置き換えてください)

Copyright (c) 2013- Osaka University Global History Studies. All rights reserved.